お宝百選プロジェクト

かすやのたからモノ。

かすやのお宝百選109の各地区の情報

宇美八幡宮
宇美八幡宮

5世紀ごろ、新羅からの帰途にあった神功皇后がこの地で応神天皇を出産したという伝説に由来し、安産祈願の神様として信仰を集める。また、境内には樹齢二千年と推定される「湯蓋の森」「衣掛の森」と呼ばれる楠の大樹がある。

住所糟屋郡宇美町宇美1-1-1

TEL092-932-0044

子安の石
子安の石

宇美八幡宮の境内末社・湯方社の傍らに納められるこぶし大の石。安産祈願の際に納められている石を1つ持ち帰り、出産後、新しい石に名前、性別を書いて持ち帰った石を添えて戻し、お礼とともに授かった子の成長を願う習慣がある。

住所糟屋郡宇美町宇美1-1-1宇美八幡宮内

TEL092-932-0044

光正寺古墳
光正寺古墳

県内の前期古墳の中でも、最古期に属する前方後円墳。全長約54m、後円部径約34mと糟屋郡内最大の規模であることから、 当時この地域を支配していた「不彌国(ふみこく)」王の墓とも考えられる。

住所糟屋郡宇美町光正寺2-4537-11

TEL092-933-2600

四王寺毘沙門詣り
四王寺毘沙門詣り

毎年1月3日、四王寺山頂にある毘沙門堂前に置かれたお盆からお賽銭を借りて帰り、翌年の参拝時に借りた額の倍を返し、また新たにお賽銭を借りて帰るというもの。このお詣りをすれば、1年間お金に不自由しないと伝えられている。町指定民俗文化財。

住所糟屋郡宇美町四王寺

TEL092-933-2600

百間石垣
百間石垣

朝鮮半島で行われた白村江の戦いの後、異国からの攻撃に備えて造られた大野城は日本最大級の朝鮮式山城。延長約180mという「百間石垣」は、大野城の石垣の中でも最大を誇り、高透水性の構造、地下水排出口など、当時の高い技術力を窺い知ることができる。

住所糟屋郡宇美町四王寺

TEL092-933-2600

うみこい祭り
うみこい祭り

宇美の次代を担う青少年に、自ら祭りを創る楽しさを知ると共に、地域行事やまちづくりに参画する糸口となるよう始めた祭りで、町内外からよさこいなどのチームが参加して、元気いっぱいの踊りを披露する。

住所糟屋郡宇美町宇美4-11-1JA粕屋宇美支所ほか

TEL092-934-2370

宇美八幡宮 放生会
宇美八幡宮 放生会

毎年、10月15〜16日に行われる秋の大祭。仲秋祭とも言われ、五殻の豊穣を喜び神々への感謝の御礼のお祭りでもある。県指定の無形民俗文化財「宇美神楽」や相撲なども奉納され、約150もの露店が賑わいを見せる。

住所糟屋郡宇美町宇美1-1-1

TEL092-932-0044

宇美町消防団伝統技術
宇美町消防団伝統技術

消防の伝統芸能である「纏振り」「はしご乗り」「消防太鼓」の保存と振興を図り、消防団の発展に寄与することを目的として平成13年に消防団OBと現役の消防団員を中心に「宇美町消防団伝統技術保存会」を設立。毎年正月に行われる出初式、2年に1度の交替式等で披露している。特に地上7メートルの高さで多彩な技を繰り出す「はしご乗り」の勇壮な姿や、消防太鼓の息の合った響きが見どころである。

TEL092-932-1111

井野山
井野山

山頂から360度の眺望を楽しめる標高236mの小高い山。登山道などが整備され、頂上にはベンチや展望図が設置されている。福岡空港〜福岡市内を南東から見渡せる夜景スポットとしても人気が高い。また戦国時代には唐山古城という城が築かれていたと言われている。

住所糟屋郡宇美町井野

TEL092-934-2223

宇美公園
宇美公園

宇美町の中心部、宇美八幡宮を望む高台に位置する公園で、宇美八幡宮の上宮がある。桜やつつじの名所としても知られ、桜は数種類が植えられているので、長い期間に渡ってお花見を楽しむことができる。

住所糟屋郡宇美町明神坂1-4684-1

TEL092-934-2226

四王寺山
四王寺山

宇美町〜太宰府市〜大野城市にまたがる標高410mの山。山の一帯342haに設置された四王寺県民の森にはキャンプ場や野外音楽堂、研修館や展示館が設けられ県民から親しまれている。

住所糟屋郡宇美町大字四王寺字猫坂

TEL092-932-7373

一本松公園(昭和の森)
一本松公園(昭和の森)

三郡山の麓、標高300mの地点にあり、糟屋郡から博多湾まで一望できる。春の桜や町花のシャクナゲ鑑賞、夏の川遊びやキャンプ、秋の森林浴や紅葉など、四季を通じで楽しめる公園になっている。

住所糟屋郡宇美町正楽3-3

TEL092-934-2226

河原谷の大つらら
河原谷の大つらら

三郡山の標高724mにある「難所ヶ滝」は、昭和の森から登山道を登って約2.5km、約1時間30分ほどの行程にあり、厳冬期にだけ出現する高さ20mにも及ぶ大つららは冬の風物詩。その姿を一目見ようと多くの登山者で賑わう。

TEL092-934-2223

宇美町立歴史民俗資料館
宇美町立歴史民俗資料館

宇美町の貴重な文化財や史料の展示公開を行い、郷土の歴史や文化財に対する理解を深めるための施設として昭和55年に開館した。また、民俗展示室や町民ギャラリーのある資料館としても広く県下で知られている。

住所糟屋郡宇美町宇美1-1-22

TEL092-932-0011

小林酒造本店
小林酒造本店

江戸時代の中頃、寛政4年(1792)に初代・小林作五郎が創業してから旨い酒づくりを一貫して守り続けてきた清酒「萬代」で名を知られる「小林酒造本店」。その長い歴史を語る酒蔵の佇まいは、宇美の町を静かに彩っている。

住所糟屋郡宇美町宇美2-11-1

TEL092-932-0001

糟屋郡中三十三観音霊場
糟屋郡中三十三観音霊場

かすやの霊場といえば篠栗新四国霊場「八十八ヶ所」が有名だが、糟屋郡と東区の広域(旧糟屋郡)に渡っても三十三の霊場が存在する。また、いくつかの札所には、御詠歌(仏様を讃える歌)の額が今も奉納されており、当時の様子を思い偲ぶことができる。

神功皇后の伝説
神功皇后の伝説

神功皇后が新羅出兵の際に、国の平安と戦勝を祈願するため造営したとされる「斎宮」や応神天皇を出産された地に創建されたと言われている「宇美八幡宮」を始め、かすやには神功皇后にまつわる伝記や由緒ある場所・地名が数多く残されている(宇美・志免の町名/ショウケ越/宇美八幡宮/綾杉旅石八幡宮など)。

住所かすや全域

かすやのクスノキ
かすやのクスノキ

かすやには国・県指定天然記念物である宇美八幡宮のクスノキ(湯蓋の森衣掛の森)や、久山町と新宮町にまたがる立花山山腹一帯に自生する立花山クスノキ原始林(国指定特別天然記念物)をはじめ、志賀神社戸原天満宮伊賀薬師堂(いずれも粕屋町)、老松神社(篠栗町)などに樹齢数百年の大楠がいくつもの枝を広げている。

住所かすや全域

かすやのコスモス
かすやのコスモス

毎年10月半ばの2日間、志免町で「コスモスまつり」が開かれる。その名の通り、色とりどりのコスモスが咲く会場は商工会の出店で賑わいを見せる。また、コスモスをハサミで切って持ち帰られるのが嬉しいところ。

住所志免町片峰3-7-1(望山荘下グランド)

かすやの桜
かすやの桜

春になると、桜を町花に定める志免町を始め、宇美町篠栗町、須恵町、久山町粕屋町のかすや各地の桜並木が満開を迎える。宇美川遊歩道の500mに及ぶ桜並木ほか、ライトアップされる夜桜も美しい。

旧勝田線跡の緑道
旧勝田線跡の緑道

昭和60年まで博多区吉塚から宇美までを結んでいた国鉄勝田線。廃線後、志免・宇美町の区間は大半が緑道として整備され、春ともなれば桜のアーチに囲まれる。志免駅は「志免鉄道記念公園」として整備されて、当時のプラットホームや線路の一部が残されている。

住所志免町

TEL志免町役場:092-935-1001

三郡縦走
国鉄勝田線跡緑道

若杉山から三郡山、宝満山へとおよそ16kmに渡る尾根伝いの登山ルート。航空監視レーダーもある三郡山頂からの展望は疲れを癒してくれ、そこから宝満山へ向かう尾根道は穏やかな稜線が続く。宝満山頂上へは鎖を伝いスリル満点、頂上では360度の景色を満喫できる。

住所若杉山、三郡山、宝満山

若杉山
若杉山

篠栗町と須恵町の境界にある、老杉に覆われた眺望のよい山。地元の小中学校の校歌に必ず出てくるほど親しまれており、夕日〜夜景を始めとする山頂からの景色も人気が高い。弘法大師(空海)が修行したとの伝説があり、古くから信仰の対象となっていた山でもある。

住所篠栗町、須恵町、宇美町

かすやのJR駅
かすやのJR駅

かすやは南北にJR香椎線、東西にJR篠栗線が走り、長者原駅(粕屋町)で十字に立体交差している。篠栗線は無人駅の筑前山手駅(篠栗町)や、赤レンガ造りのガードに、赤レンガのトンネルなど、香椎線では約100年の歴史を持つ谷川橋梁(粕屋町)など、それぞれに味わいのある風景を楽しめる。

住所長者原駅(粕屋町)筑前山手駅(篠栗町)谷川橋梁(粕屋町)

かすやの農産物直売所
かすやの農産物直売所

JA粕屋の農産物直売所「なのみの里」(粕屋町)では、近隣農家の朝採り野菜を直売ならではの低価格で販売。「ふれあいの里」(志免町)や「久山元気市」などもあり、どこも新鮮な農産物を求める客で賑わっている。

かすやの農業体験農園
かすやの農業体験農園

農家の講習を月2回程度受けて、年間で20種類前後の野菜を栽培する。農地・農具・種苗・肥料など必要な物はすべて農園主が準備。現在、かすやには酒殿体験農園(粕屋町)、久山ファーム体験農園(久山町)、マル姫ファーム体験農園(宇美町)、須恵スイッチファームの4つの体験農園がある。

住所酒殿体験農園(粕屋町)久山ファーム体験農園(久山町)マル姫ファーム体験農園(宇美町)須恵スイッチファーム

かすやのラーメン
かすやのラーメン

志免町を縦断する県道68号線沿いは、約6kmの間に20軒を超える美味しいラーメン店がひしめく激戦区。この他にもかすやにはたくさんのラーメン屋があり、「三洋軒」のラーメンを始め、博多ラーメンではなく、久留米ラーメンとも違う、それぞれにこだわりのある絶品ラーメンを提供している。

住所かすや全域

だぶ(料理)
だぶ(料理)

里芋やレンコンなどの根菜類を小さく刻み、醤油味のスープで鶏肉と煮て、片栗粉を混ぜてとろみをつけた郷土料理。地域によっては「らぶ」と呼ばれることもある。

住所かすや全域

篠栗祗園夏まつり
篠栗祗園夏まつり

毎年7月の第2土曜日に開催される篠栗の夏祭り。須賀神社からJR篠栗駅を結ぶ旧道には露店が並び、多くの人が訪れる。男衆による道幅ギリギリで駆け抜ける山笠は迫力満点。まつりのフィナーレは約1,200発の打ち上げ花火が飾る。

TEL092-947-4141

御手洗渓谷
御手洗渓谷

篠栗町から宮若市へと向かう猫峠の脇にある小さな渓谷。ひっそりとした鳥居をくぐると、目の前には心地よい自然溢れる渓流が姿を現す。この「御手洗渓谷」を約700m歩いた先にある小さな滝が「御手洗の滝」。落ち着いた森林の中、心洗われるひと時を味わえる。

TEL092-947-1880

五塔の滝と篠栗耶馬溪
五塔の滝と篠栗耶馬溪

篠栗町にある滝でも、最も雄大で水量に富むのが「五塔の滝」。五重塔から水を落としたかのように、流れが五つの段になっている様から名付けられた。少し下流では「篠栗耶馬溪」と言われる美しい景観が、訪れた人々を魅了している。

住所糟屋郡篠栗町金出3244-9

TEL092-947-1880

米ノ山
米ノ山

標高593.7mの「米ノ山」は、パラグライダーやハングライダーの基地として有名で、篠栗町から遠くは糸島の可也山や脊振山脈までを一望できる。夜も福岡の夜景を見下ろせる場所として知られている。

住所糟屋郡篠栗町若杉

TEL092-947-1111

篠栗九大の森
篠栗九大の森

九州大学農学部附属演習林の一画を17ha整備し、蒲田池を取り囲む約2kmの遊歩道と解説板を設置。住民のための施設として、2010年に完成した。九州大学と共同で様々な環境教育の場を提供する。

住所糟屋郡篠栗町大字和田1009

TEL092-948-3103

森林セラピー基地篠栗
森林セラピー基地篠栗

篠栗町の森は、科学的な検証の結果、癒やしの効果がある森として2009年3月に「森林セラピー基地」に認定。認定されたウオーキングロードは落陽コース、荒田周遊コース、夫婦コース、あじさい(杉並)コースの4つ。それぞれに特長があり、四季や癒やしを味わえるコースとなっている。

住所篠栗町内

TEL092-947-1111

太祖神社
太祖神社

若杉山の頂上にある「太祖神社」上宮。その起源は、神功皇后が朝鮮出兵の際、この社を訪れたことに由来する。断崖絶壁に建てられた奥の院へ抜ける道は、大杉の根や岩盤が露出し、善人しか通れないと言われている「はさみ岩」がある。下宮では太祖神楽も行われている。

住所篠栗町若杉

TEL092-947-1880

南蔵院の涅槃像
南蔵院の涅槃像

篠栗四国霊場の第一番札所となる総本寺で、高野山真言宗の別格本山が南蔵院。ここでは全長41m・高さ11m・重量300tという、ブロンズ製では世界一の大きさを誇る「涅槃像」を拝むことができる。

住所糟屋郡篠栗町大字篠栗1035

TEL092-947-7195

鳴淵ダム
鳴淵ダム

鳴渕川上流にある多目的の重力式コンクリートダムで、総貯水容量440万m3を有する。周辺は公園や広場が整備され、上流の展望台広場から見下ろす全景は迫力満点。ダム内部の見学も可能。

住所糟屋郡篠栗町篠栗3172-92

TEL092-947-4896

日本料理 栄屋
日本料理 栄屋

篠栗・南蔵院涅槃像近くの完全予約制・全室個室の日本料理店。豊かな緑に囲まれた中で、四季折々の景色を眺めながら料理を楽しめる。料理は季節の旬の食材を用いたコースメニュー(昼5500円/夜6000円)。

住所糟屋郡篠栗町大字篠栗2146

TEL092-947-0408

萩尾分校
萩尾分校

篠栗町の山中にある児童9名の小さな小学校。体育館が公民館を兼ねるなど地域との繋がりが強く、住人と一緒に様々な催しを行なっている。2011年10月に続き、今年の9月にも若者たち主導でカレーの祭典"カレーフェスタ"も開催された。

住所糟屋郡篠栗町大字萩尾640-1

TEL092-947-6167

篠栗四国霊場「八十八ヶ所」
篠栗四国霊場「八十八ヶ所」

「篠栗四国霊場八十八ヶ所」は、日本三大新四国霊場の一つにも挙げられる霊場。天保六年に早良郡姪浜の尼僧・慈忍が八十八ヶ所の創設を発願したのが、その始まりとされている。広大な景勝地の中に88ヶ所の札所があり、全国から年間100万人を超える巡礼者が訪れる。

住所篠栗町全域

TEL092-947-1880

甘夏柑を使った篠栗のお土産品
甘夏柑を使った篠栗のお土産品

甘夏羊羹、甘夏ゼリー、甘夏まんじゅう、篠栗の太陽、どれも若杉山で採れた甘夏柑を用いた、篠栗限定のお土産。なかには期間限定の、まさにお宝商品も!

TEL092-947-0240

篠栗のそば
篠栗のそば

“篠栗産のそば粉を使って、美味しいそばを打ちたい”という思いから生まれた「篠栗そばの会」は、篠栗の新たな魅力を日々アピールしている団体。また、篠栗にある3軒の旅館(山王屋(土日のみ)/丸見屋/杉本屋(11:30〜15:00)が提供する手打ち蕎麦も、篠栗のそばを語る上で欠かせない。

TEL092-947-1880

茶房 わらび野
茶房 わらび野

米の山展望台に向かう、標高350mの地点で存在感を放つ、雄大な自然に囲まれた喫茶店。昼と夜とで、異なるかすやの眺めを楽しめる癒しの場所で、大窓一面に広がる絶景を“もう一度”というリピーターが後を絶たない。

住所糟屋郡篠栗町若杉20-1

TEL092-948-6555

夢や
夢や

食事、インテリア、そして音楽を堪能できる雰囲気抜群の居酒屋「夢や」。そのコンセプトは“落ち着きの中にも活気あるお店”。大正6年に建てられたという店内にはレトロな薫りが漂い、流れるジャスも心地良い。

住所糟屋郡篠栗町篠栗4784-7

TEL092-948-3137

糟屋郡中三十三観音霊場
糟屋郡中三十三観音霊場

かすやの霊場といえば篠栗新四国霊場「八十八ヶ所」が有名だが、糟屋郡と東区の広域(旧糟屋郡)に渡っても三十三の霊場が存在する。また、いくつかの札所には、御詠歌(仏様を讃える歌)の額が今も奉納されており、当時の様子を思い偲ぶことができる。

神功皇后の伝説
神功皇后の伝説

神功皇后が新羅出兵の際に、国の平安と戦勝を祈願するため造営したとされる「斎宮」や応神天皇を出産された地に創建されたと言われている「宇美八幡宮」を始め、かすやには神功皇后にまつわる伝記や由緒ある場所・地名が数多く残されている(宇美・志免の町名/ショウケ越/宇美八幡宮/綾杉旅石八幡宮など)。

住所かすや全域

かすやのクスノキ
かすやのクスノキ

かすやには国・県指定天然記念物である宇美八幡宮のクスノキ(湯蓋の森衣掛の森)や、久山町と新宮町にまたがる立花山山腹一帯に自生する立花山クスノキ原始林(国指定特別天然記念物)をはじめ、志賀神社戸原天満宮伊賀薬師堂(いずれも粕屋町)、老松神社(篠栗町)などに樹齢数百年の大楠がいくつもの枝を広げている。

住所かすや全域

かすやのコスモス
かすやのコスモス

毎年10月半ばの2日間、志免町で「コスモスまつり」が開かれる。その名の通り、色とりどりのコスモスが咲く会場は商工会の出店で賑わいを見せる。また、コスモスをハサミで切って持ち帰られるのが嬉しいところ。

住所志免町片峰3-7-1(望山荘下グランド)

かすやの桜
かすやの桜

春になると、桜を町花に定める志免町を始め、宇美町篠栗町、須恵町、久山町粕屋町のかすや各地の桜並木が満開を迎える。宇美川遊歩道の500mに及ぶ桜並木ほか、ライトアップされる夜桜も美しい。

三郡縦走
国鉄勝田線跡緑道

若杉山から三郡山、宝満山へとおよそ16kmに渡る尾根伝いの登山ルート。航空監視レーダーもある三郡山頂からの展望は疲れを癒してくれ、そこから宝満山へ向かう尾根道は穏やかな稜線が続く。宝満山頂上へは鎖を伝いスリル満点、頂上では360度の景色を満喫できる。

住所若杉山、三郡山、宝満山

若杉山
若杉山

篠栗町と須恵町の境界にある、老杉に覆われた眺望のよい山。地元の小中学校の校歌に必ず出てくるほど親しまれており、夕日〜夜景を始めとする山頂からの景色も人気が高い。弘法大師(空海)が修行したとの伝説があり、古くから信仰の対象となっていた山でもある。

住所篠栗町、須恵町、宇美町

かすやのJR駅
かすやのJR駅

かすやは南北にJR香椎線、東西にJR篠栗線が走り、長者原駅(粕屋町)で十字に立体交差している。篠栗線は無人駅の筑前山手駅(篠栗町)や、赤レンガ造りのガードに、赤レンガのトンネルなど、香椎線では約100年の歴史を持つ谷川橋梁(粕屋町)など、それぞれに味わいのある風景を楽しめる。

住所長者原駅(粕屋町)筑前山手駅(篠栗町)谷川橋梁(粕屋町)

かすやの農産物直売所
かすやの農産物直売所

JA粕屋の農産物直売所「なのみの里」(粕屋町)では、近隣農家の朝採り野菜を直売ならではの低価格で販売。「ふれあいの里」(志免町)や「久山元気市」などもあり、どこも新鮮な農産物を求める客で賑わっている。

かすやの農業体験農園
かすやの農業体験農園

農家の講習を月2回程度受けて、年間で20種類前後の野菜を栽培する。農地・農具・種苗・肥料など必要な物はすべて農園主が準備。現在、かすやには酒殿体験農園(粕屋町)、久山ファーム体験農園(久山町)、マル姫ファーム体験農園(宇美町)、須恵スイッチファームの4つの体験農園がある。

住所酒殿体験農園(粕屋町)久山ファーム体験農園(久山町)マル姫ファーム体験農園(宇美町)須恵スイッチファーム

かすやのラーメン
かすやのラーメン

志免町を縦断する県道68号線沿いは、約6kmの間に20軒を超える美味しいラーメン店がひしめく激戦区。この他にもかすやにはたくさんのラーメン屋があり、「三洋軒」のラーメンを始め、博多ラーメンではなく、久留米ラーメンとも違う、それぞれにこだわりのある絶品ラーメンを提供している。

住所かすや全域

三町バーガー
三町バーガー

篠栗・粕屋・久山の特産品を使用して作ったご当地バーガー。米粉のパンズに糟屋郡産の筍や椎茸、ブロッコリーなど、ハンバーガーには珍しい食材を挟んで特色を出している。またパテに塗るソースを各町で変えているので、3種の味を楽しめる。

住所篠栗町・粕屋町・久山町

TEL092-947-4141

だぶ(料理)
だぶ(料理)

里芋やレンコンなどの根菜類を小さく刻み、醤油味のスープで鶏肉と煮て、片栗粉を混ぜてとろみをつけた郷土料理。地域によっては「らぶ」と呼ばれることもある。

住所かすや全域

旧志免鉱業所 堅坑櫓
旧志免鉱業所 堅坑櫓

志免町の中心にそびえ立つ、かすやのシンボル的な存在。上質な石炭と豊富な資材から“東洋一の竪抗”と称された、志免鉱業所を象徴する「竪坑櫓」は、国の重要文化財にも指定されている。

住所糟屋郡志免町志免495

TEL092-935-7100

博多曲物 玉樹
博多曲物 玉樹

杉やヒノキの板を丸く曲げて形を作り、桜の皮でとじて底を付けた容器。金属を一切使用しないため、とても軽いのが特徴だ。筥崎宮の祭具として使われ、神社近辺を中心に盛んに製作されていた。福岡県知事指定特産品・工芸品に指定されている。

住所糟屋郡志免町別府西2-2-16

TEL092-935-5056

石投げ相撲大会
石投げ相撲大会

江戸時代、牛馬の悪疫退散のために万年願をかけて祈祷したのが始まり。明治になると相撲好きの若者が広く郡内外から参加。熱狂のあまり石を投げ合うほどになって石投げ相撲の名が生まれたという。

住所糟屋郡志免町大字志免1452

TEL092-936-0233

志免飛龍太鼓
志免飛龍太鼓

青少年健全育成を目的としながら、文化の継承・交流を行なう和太鼓集団。志免町のシンボルである竪坑櫓をイメージした曲を演奏するなど、地域に根付いた音楽活動を行なっている。また、久山町には「久山欅太鼓」があり、同様の取り組みを行なっている。

TEL092-935-0274

フジマサ醤油醸造元
フジマサ醤油醸造元

創業明治42年、小学校の体育館を利用した工場を使用するなど、地域に根ざして古くから醤油を作り続けてきた。

住所糟屋郡志免町別府1-8-16

TEL092-935-1234

しめたもん寿司ケーキ・立坑巻寿司・やぐら寿し(創作寿司工房 竜宮城)
しめたもん寿司ケーキ・立坑巻寿司・やぐら寿し(創作寿司工房 竜宮城)

志免町で創業から35年、志免ブランドに認定された「しめたもん寿司ケーキ/立坑巻寿し/やぐら寿し」など、既存の寿司屋の枠にとらわれない、常に斬新で独創的な料理が生み出されている。

住所糟屋郡志免町志免2-13-4

TEL"092-935-6670"

RothenBurg
RothenBurg

ドイツ・フランス・ウィーンなど西欧のお菓子に精通したオーナーシェフの独創的な洋菓子がきらめく。素材はもちろん、生地とクリームのバランスにこだわった「しめ巻」は志免ブランドとしても認定されている。

住所糟屋郡志免町別府1-9-8

TEL092-936-0009

糟屋郡中三十三観音霊場
糟屋郡中三十三観音霊場

かすやの霊場といえば篠栗新四国霊場「八十八ヶ所」が有名だが、糟屋郡と東区の広域(旧糟屋郡)に渡っても三十三の霊場が存在する。また、いくつかの札所には、御詠歌(仏様を讃える歌)の額が今も奉納されており、当時の様子を思い偲ぶことができる。

かすやの「レンガ造りの塀や小道等」
かすやの「レンガ造りの塀や小道等」

須恵町には、半世紀以上前に作られた凝ったレンガ造りの塀や納屋が所々に残されていて、その当時の町並みを偲ばせてくれる。また、旧志免鉱業所竪坑櫓も望める志免町の大的地区では、蔵とレンガ塀と水路が、昔から変わらない情緒ある風景を織り成している。

神功皇后の伝説
神功皇后の伝説

神功皇后が新羅出兵の際に、国の平安と戦勝を祈願するため造営したとされる「斎宮」や応神天皇を出産された地に創建されたと言われている「宇美八幡宮」を始め、かすやには神功皇后にまつわる伝記や由緒ある場所・地名が数多く残されている(宇美・志免の町名/ショウケ越/宇美八幡宮/綾杉旅石八幡宮など)。

住所かすや全域

かすやのクスノキ
かすやのクスノキ

かすやには国・県指定天然記念物である宇美八幡宮のクスノキ(湯蓋の森衣掛の森)や、久山町と新宮町にまたがる立花山山腹一帯に自生する立花山クスノキ原始林(国指定特別天然記念物)をはじめ、志賀神社戸原天満宮伊賀薬師堂(いずれも粕屋町)、老松神社(篠栗町)などに樹齢数百年の大楠がいくつもの枝を広げている。

住所かすや全域

かすやのコスモス
かすやのコスモス

毎年10月半ばの2日間、志免町で「コスモスまつり」が開かれる。その名の通り、色とりどりのコスモスが咲く会場は商工会の出店で賑わいを見せる。また、コスモスをハサミで切って持ち帰られるのが嬉しいところ。

住所志免町片峰3-7-1(望山荘下グランド)

かすやの桜
かすやの桜

春になると、桜を町花に定める志免町を始め、宇美町篠栗町、須恵町、久山町粕屋町のかすや各地の桜並木が満開を迎える。宇美川遊歩道の500mに及ぶ桜並木ほか、ライトアップされる夜桜も美しい。

旧勝田線跡の緑道
旧勝田線跡の緑道

昭和60年まで博多区吉塚から宇美までを結んでいた国鉄勝田線。廃線後、志免・宇美町の区間は大半が緑道として整備され、春ともなれば桜のアーチに囲まれる。志免駅は「志免鉄道記念公園」として整備されて、当時のプラットホームや線路の一部が残されている。

住所志免町

TEL志免町役場:092-935-1001

かすやのJR駅
かすやのJR駅

かすやは南北にJR香椎線、東西にJR篠栗線が走り、長者原駅(粕屋町)で十字に立体交差している。篠栗線は無人駅の筑前山手駅(篠栗町)や、赤レンガ造りのガードに、赤レンガのトンネルなど、香椎線では約100年の歴史を持つ谷川橋梁(粕屋町)など、それぞれに味わいのある風景を楽しめる。

住所長者原駅(粕屋町)筑前山手駅(篠栗町)谷川橋梁(粕屋町)

かすやの農産物直売所
かすやの農産物直売所

JA粕屋の農産物直売所「なのみの里」(粕屋町)では、近隣農家の朝採り野菜を直売ならではの低価格で販売。「ふれあいの里」(志免町)や「久山元気市」などもあり、どこも新鮮な農産物を求める客で賑わっている。

かすやの農業体験農園
かすやの農業体験農園

農家の講習を月2回程度受けて、年間で20種類前後の野菜を栽培する。農地・農具・種苗・肥料など必要な物はすべて農園主が準備。現在、かすやには酒殿体験農園(粕屋町)、久山ファーム体験農園(久山町)、マル姫ファーム体験農園(宇美町)、須恵スイッチファームの4つの体験農園がある。

住所酒殿体験農園(粕屋町)久山ファーム体験農園(久山町)マル姫ファーム体験農園(宇美町)須恵スイッチファーム

かすやのラーメン
かすやのラーメン

志免町を縦断する県道68号線沿いは、約6kmの間に20軒を超える美味しいラーメン店がひしめく激戦区。この他にもかすやにはたくさんのラーメン屋があり、「三洋軒」のラーメンを始め、博多ラーメンではなく、久留米ラーメンとも違う、それぞれにこだわりのある絶品ラーメンを提供している。

住所かすや全域

だぶ(料理)
だぶ(料理)

里芋やレンコンなどの根菜類を小さく刻み、醤油味のスープで鶏肉と煮て、片栗粉を混ぜてとろみをつけた郷土料理。地域によっては「らぶ」と呼ばれることもある。

住所かすや全域

眼病人宿跡
眼病人宿跡

江戸時代、日本四大眼科の一つに数えられた黒田藩医・田原眼科、遠くは北海道や鹿児島からも治療に訪れる程の名声を得ていた。患者のために周辺の家々は宿屋を営み、「眼病人宿」として大いに賑わった。

住所糟屋郡須恵町上須恵

TEL092-934-0030

佐谷建正寺
佐谷建正寺

伝教大師(最澄)開基とされる建正寺。ここで毎年4月第1日曜の御開帳のときのみ公開される「木造十一面観音立像」は、最澄作と伝えられる平安時代の仏像。昭和29年に県指定有形文化財(彫刻)の第1号に指定された。

住所糟屋郡須恵町佐谷629-2

TEL092-933-1750

高鳥居城跡
高鳥居城跡

岳城山頂に築かれた中世の山城跡。資料によると、1293年に河津筑後守貞重が築城したと記されている。室町時代に入ると大内氏の支配下になり、守護所(現在の県庁)が設置された。最期は島津氏の支配時に落城し、約300年に渡る歴史に幕を閉じている。

TEL092-934-0030

福岡藩磁器御用窯跡
福岡藩磁器御用窯跡

1764年頃に窯が築かれた「須恵焼」は、1784年に藩窯とされて以来、黒田藩の唯一の磁器御用窯として発展し、明治35年頃まで焼かれた。皿山にある登り窯は、県指定文化財で、規模も福岡県最大を誇る。

住所糟屋郡須恵町上須恵320-1

TEL092-934-0030

守母神社
守母神社

昭和の森公園の奥にある「守母神社」。高鳥居城の落城の際、乳母が城主の子を連れ落ち延びようとしたが、子の泣き声から見つかってしまう。その最期、「世の泣く子の味方となり守り続ける」と誓ったことにちなみ、子守の神・夜泣き止めの神として祭られている。

住所須惠町植木

TEL092-934-0030

陶翔窯
陶翔窯

父の窯を姉妹で受け継ぎ守っている「陶翔窯」では、姉妹合作の焼き物など、使いやすさをコンセプトとする器を作っている。

住所糟屋郡須恵町大字植木115-1

TEL092-936-3777

乙植木の獅子舞
乙植木の獅子舞

乙植木地区で100年以上も引き継がれてきた、人々の無病息災を祈る伝統行事。獅子に扮した子ども達が「獅子の十六文で祝うたぁ〜」と元気な声で地域を練り歩き、獅子が回ってきた家庭では、頭に獅子頭を押し付けてもらう。

住所糟屋郡須恵町乙植木

TEL092-934-0030

上須恵祇園山笠
上須恵祇園山笠

約250年前に始まった祭りで、毎年7月24日に一番近い日曜日に行われる。須賀神社を出発し、上須恵地域のほぼ全域をかき山し、再び神社に戻ってくる。かき山が通る沿道には多数の住民が控え、力水で応援するなどして盛り上がる。

住所糟屋郡須恵町大字上須恵511

TEL092-934-0030

皿山公園
皿山公園

若杉山の山麓に広がる「皿山公園」は、春には3万本のツツジが咲き、季節ごとに梅の花、しょうぶ、あじさいを楽しめる。巨石がゴロゴロ積み重なった天然のロックガーデンや、眼下の風景も見ものだ。

住所糟屋郡須恵町上須恵

TEL092-932-1438

須恵町の自然教育林
須恵町の自然教育林

「森が人間をつくり、人間は森をつくる」という考えから、豊かな自然を保護する運動が行われている。古木や神社の鎮守の森などを“保存樹”や“保存樹林”に指定し、町内各地に植樹を行うなど、緑の保全に取り組んでいる。

TEL092-934-0030

カネシチ今泉醤油
カネシチ今泉醤油

創業115年、現在では5代目が営む老舗の醤油醸造元。いまや全国的にも珍しい、窯で薪を燃やして火を入れているという手法を守り続けている。レンガ造りの煙突も懐かしい雰囲気だ。

住所糟屋郡須恵町大字須恵679

TEL092-932-0074

久我記念館(町立美術センター)
久我記念館(町立美術センター)

画商・久我五千男氏の個人美術館を町が受け継いだ郡内唯一の美術館で、地元作家の作品を中心に展示している。須恵焼コレクションも充実しており、森の緑と調和したレンガ造りの建物は県建物百選に選ばれている。

住所糟屋郡須恵町大字須恵77-1

TEL092-932-4987

若杉の森運動公園
若杉の森運動公園

平成13年5月オープン。若杉山の麓に位置し、筑紫平野や福岡市を見渡せる。野球やサッカーで使える天然芝の多目的グラウンド、草スキー場、芝生公園などを備え、誰もが気軽に運動や自然に親しむことができる。

住所糟屋郡須恵町大字佐谷515-1

TEL092-934-3030

虹色炭酸 ナナイロサイダー
虹色炭酸 ナナイロサイダー

糟屋郡の7町をイメージしたサイダーで、各町の町花のしおりが付いている。味も色も7色揃い、どれもフルーティーですっきりした飲み口。

住所糟屋郡須恵町新原486-1

TEL092-933-5823

ミニSL
ミニSL

須恵町の元行政区長、稲永義忠さんが8年を掛かけて作り上げた本物そっくり「D51」のミニSL。実際の設計図をもとに手作りし、本当に石炭を燃やして走る本格派の蒸気機関車。須恵町で行われる多くのイベントで登場し、来場した子ども達を乗せて喜ばれている。

TEL092-934-0030

糟屋郡中三十三観音霊場
糟屋郡中三十三観音霊場

かすやの霊場といえば篠栗新四国霊場「八十八ヶ所」が有名だが、糟屋郡と東区の広域(旧糟屋郡)に渡っても三十三の霊場が存在する。また、いくつかの札所には、御詠歌(仏様を讃える歌)の額が今も奉納されており、当時の様子を思い偲ぶことができる。

かすやの「レンガ造りの塀や小道等」
かすやの「レンガ造りの塀や小道等」

須恵町には、半世紀以上前に作られた凝ったレンガ造りの塀や納屋が所々に残されていて、その当時の町並みを偲ばせてくれる。また、旧志免鉱業所竪坑櫓も望める志免町の大的地区では、蔵とレンガ塀と水路が、昔から変わらない情緒ある風景を織り成している。

神功皇后の伝説
神功皇后の伝説

神功皇后が新羅出兵の際に、国の平安と戦勝を祈願するため造営したとされる「斎宮」や応神天皇を出産された地に創建されたと言われている「宇美八幡宮」を始め、かすやには神功皇后にまつわる伝記や由緒ある場所・地名が数多く残されている(宇美・志免の町名/ショウケ越/宇美八幡宮/綾杉旅石八幡宮など)。

住所かすや全域

かすやのクスノキ
かすやのクスノキ

かすやには国・県指定天然記念物である宇美八幡宮のクスノキ(湯蓋の森衣掛の森)や、久山町と新宮町にまたがる立花山山腹一帯に自生する立花山クスノキ原始林(国指定特別天然記念物)をはじめ、志賀神社戸原天満宮伊賀薬師堂(いずれも粕屋町)、老松神社(篠栗町)などに樹齢数百年の大楠がいくつもの枝を広げている。

住所かすや全域

かすやのコスモス
かすやのコスモス

毎年10月半ばの2日間、志免町で「コスモスまつり」が開かれる。その名の通り、色とりどりのコスモスが咲く会場は商工会の出店で賑わいを見せる。また、コスモスをハサミで切って持ち帰られるのが嬉しいところ。

住所志免町片峰3-7-1(望山荘下グランド)

かすやの桜
かすやの桜

春になると、桜を町花に定める志免町を始め、宇美町篠栗町、須恵町、久山町粕屋町のかすや各地の桜並木が満開を迎える。宇美川遊歩道の500mに及ぶ桜並木ほか、ライトアップされる夜桜も美しい。

三郡縦走
国鉄勝田線跡緑道

若杉山から三郡山、宝満山へとおよそ16kmに渡る尾根伝いの登山ルート。航空監視レーダーもある三郡山頂からの展望は疲れを癒してくれ、そこから宝満山へ向かう尾根道は穏やかな稜線が続く。宝満山頂上へは鎖を伝いスリル満点、頂上では360度の景色を満喫できる。

住所若杉山、三郡山、宝満山

若杉山
若杉山

篠栗町と須恵町の境界にある、老杉に覆われた眺望のよい山。地元の小中学校の校歌に必ず出てくるほど親しまれており、夕日〜夜景を始めとする山頂からの景色も人気が高い。弘法大師(空海)が修行したとの伝説があり、古くから信仰の対象となっていた山でもある。

住所篠栗町、須恵町、宇美町

かすやのJR駅
かすやのJR駅

かすやは南北にJR香椎線、東西にJR篠栗線が走り、長者原駅(粕屋町)で十字に立体交差している。篠栗線は無人駅の筑前山手駅(篠栗町)や、赤レンガ造りのガードに、赤レンガのトンネルなど、香椎線では約100年の歴史を持つ谷川橋梁(粕屋町)など、それぞれに味わいのある風景を楽しめる。

住所長者原駅(粕屋町)筑前山手駅(篠栗町)谷川橋梁(粕屋町)

かすやの農産物直売所
かすやの農産物直売所

JA粕屋の農産物直売所「なのみの里」(粕屋町)では、近隣農家の朝採り野菜を直売ならではの低価格で販売。「ふれあいの里」(志免町)や「久山元気市」などもあり、どこも新鮮な農産物を求める客で賑わっている。

かすやの農業体験農園
かすやの農業体験農園

農家の講習を月2回程度受けて、年間で20種類前後の野菜を栽培する。農地・農具・種苗・肥料など必要な物はすべて農園主が準備。現在、かすやには酒殿体験農園(粕屋町)、久山ファーム体験農園(久山町)、マル姫ファーム体験農園(宇美町)、須恵スイッチファームの4つの体験農園がある。

住所酒殿体験農園(粕屋町)久山ファーム体験農園(久山町)マル姫ファーム体験農園(宇美町)須恵スイッチファーム

かすやのラーメン
かすやのラーメン

志免町を縦断する県道68号線沿いは、約6kmの間に20軒を超える美味しいラーメン店がひしめく激戦区。この他にもかすやにはたくさんのラーメン屋があり、「三洋軒」のラーメンを始め、博多ラーメンではなく、久留米ラーメンとも違う、それぞれにこだわりのある絶品ラーメンを提供している。

住所かすや全域

だぶ(料理)
だぶ(料理)

里芋やレンコンなどの根菜類を小さく刻み、醤油味のスープで鶏肉と煮て、片栗粉を混ぜてとろみをつけた郷土料理。地域によっては「らぶ」と呼ばれることもある。

住所かすや全域

伊野天照皇大神宮
伊野天照皇大神宮

“九州の伊勢”と呼ばれ、神殿や建物の配置も伊勢神宮を模して築造された。天照大神・手力雄神・萬幡千々姫命を祀る由緒正しいこの神社では、毎春に大祭が催され、剣道や柔道の奉納試合が行われる。境内に生える欅の大木は町指定文化財。

住所糟屋郡久山町猪野604

TEL092-976-1111

首羅山遺跡
首羅山遺跡

平安後期から鎌倉時代を中心に栄えた、白山にある中世山岳寺院の跡。中世そのままの遺構が残り、陶磁や石造物、禅宗僧の入山記録など、中国の影響を強く受けた寺院跡として、福岡および周辺の歴史を語る上で貴重な遺跡となっている。

住所糟屋郡久山町久原188※見学会等でのみ立入可

TEL092-976-1111

清谷寺
清谷寺

禅宗の寺院。高麗時代の朝鮮半島で造像されて日本に持ち込まれた本堂のご本尊「銅造釈迦如来坐像」を始め、「木造十一面観音立像」「木造地蔵菩薩立像」「木造天部形立像」などの町指定文化財が安置されている。

住所糟屋郡久山町山田651

TEL092-976-0505

久山町出土の古銭
久山町出土の古銭

大正時代、9万4000枚の銅銭が納められた大甕が埋められているのが久山町で見つかった。種類は79種類で、その大半が中国のお金だという。現在は九州国立博物館に収蔵されている。

住所九州国立博物館に収蔵

TEL092-976-1111

若八幡宮の薬師堂
若八幡宮の薬師堂

若八幡宮本殿の西側にある「薬師堂」は、かすやで最も古い建物と言われ、300年以上前に造られたとも考えられている。また、堂内にある木彫りの薬師如来像も古くから大切に伝えられてきた。

住所糟屋郡久山町久原3497

TEL092-976-1111

上山田盆綱引き
上山田盆綱引き

毎年8月15日前後、上山田地区の盆の行事として行われる綱引き大会。綱引きに使われるのは、かずらを編み合わせた直径約15cm、長さ約30mの綱。太鼓の音に合わせて勢い水を浴びながら、大人も子どもも一緒になって綱を引き合う。

住所久山町大字山田641付近

TEL092-976-1111

中久原祇園祭り
中久原祇園祭り

初夏の久山の風物詩ともなっている「中久原祇園祭り」では、日曜の早朝から柿の葉を一枚づつ神前に供え、一万枚になるまでお参りを続ける“万度参り”。清道のぼりを持った赤褌法被の男達が家々を祓い清めて回り、須賀神社でおこもりする“清道廻り”が行われる。前日土曜には子ども相撲大会も開催されている。

住所久山町大字久原2495

TEL092-976-1111

祭りひさやま
祭りひさやま

毎年10月、生涯学習の一環として住民相互の親睦、交流の場を設定し、ふるさと意識を深めながら、明るく住みよいまちづくりを推進しようと始まった久山最大のイベント。祭りのフィナーレは、秋の夜空に打ち上げられる花火大会が開催される。

住所久山中学校・町民グランド

TEL092-976-1111

猪野川(五十鈴川)
猪野川(五十鈴川)

かすやから福岡市東区を流れる多々良川の支流「猪野川」は、四季折々の景観を楽しめ、福岡市街地から車で約30分という近さもあって、福岡市民の憩いの場にもなっている。伊野天照皇大神宮前の河原は絶好の水遊びスポットで、夏には涼を求める家族連れで賑わう。

TEL092-976-1111

久山の芍薬
久山の芍薬

久山町の特産のひとつでありボタン科の多年草で、初夏にボタンに似た白や紅色等数種類の花を咲かせる。町内の久原地区で多く栽培されている。

TEL092-976-1111

旧水取宮境内の大イチョウ・大藤
旧水取宮境内の大イチョウ・大藤

胸高直径146cm、樹高23.30mで町内最大のイチョウ。そして第6代黒田藩主・継高公が植栽したと伝えられる推定樹齢250年、枝張り180m2で花房は100cmにもなる“大藤”と、旧水取宮には町指定文化財に指定された2本の巨木が立っている。

住所糟屋郡久山町大字猪野字神の前

TEL092-976-1111

久原川
久原川

犬鳴山系の清水が集まり、新建川と合流し、「久原川」となって博多湾へと注ぐ川。水質は良好で、上流には平家ホタルが生息しているほど。下久原地区では鯉が放流されており、澄んだ水の中に、色とりどりの鯉が悠然と泳ぐ姿を見ることができる。

TEL092-976-1111

遠見岳
遠見岳

標高322.9mの「遠見岳」は、201年2月に神功皇后が三韓出兵の戦勝を祈念した際、この山頂から朝鮮半島の方向を見渡して戦略を練られたと伝えられている場所。山頂から北西を望めば、博多湾を一望、遠くには相島や能古島などの姿も見ることができる。

TEL092-976-1111

久山のホタル
久山のホタル

都市化が進む福岡都市圏にあって、今なお蛍が生息できる自然環境が残る久山町。久原川の支流である新建川の上流に平家ホタル、猪野川上流に源氏ホタルが棲息していて、5月下旬から6月上旬にかけて、緑色の光が乱舞する幻想的な光景を楽しむことができる。

TEL092-976-1111

三日月山渓流公園
三日月山渓流公園

久山町・新宮町・福岡市にまたがる「三日月山」は、軽登山に最適な山。山麓にある三日月渓流公園は、桜の頃、新緑の時期、紅葉の季節が美しい。その一画に建てられた碧水亭は、自然を活かした庭園が見所。

住所糟屋郡久山町大字山田1449-1

TEL092-976-3242

トリアス
トリアス

なんと東京ドーム5つ分、博多駅からキャナルシティまでがすっぽり入る広大な敷地に100を超える店舗が並ぶ。また屋外型のオープンモールなので、四季を感じながら買い物などをエンジョイできるのもうれしい。

住所糟屋郡久山町大字山田1111

TEL092-957-5107

久山植木(株)
久山植木(株)

洋蘭の取り扱い国内最大級を誇る大型園芸店「久山植木」は、価格・鮮度・品揃えに定評あり。約1000坪のハウスに洋蘭や切り花、園芸植物が所狭しと並び、福岡・北九州はもちろん、県外からも多くのお客が訪れる。

住所糟屋郡久山町久原955

TEL092-976-0105

久山温泉「湯の湖」
久山温泉「湯の湖」

水と緑に囲まれた湖畔の「レイクサイドホテル久山」にある温泉で、岩風呂や薬湯、桧風呂、ワイン風呂といった様々な温泉と、マッサージルーム、エステサロンなど施設が充実。館内レストランはランチバイキングが人気。

住所糟屋郡久山町大字久原1822

TEL092-976-1800

久山カントリー倶楽部
久山カントリー倶楽部

1964年11月の開場以来、様々な物語を刻み続けてきた「久山カントリー倶楽部」。福岡市の都心からわずか25分、落ち着いた雰囲気と四季折々の美しい景観で、かすやはもちろん都心部からもゴルフ客を集める。

住所糟屋郡久山町大字久原3549-42

TEL092-976-0222

久山ケイマンゴルフクラブ
久山ケイマンゴルフクラブ

ケイマンゴルフはゴルフ界の帝王ジャック・ニクラウスによって考案され、日本では4箇所のみで、低料金で誰もが楽しめるゴルフとして幅広い年齢層に親しまれています。ケイマンゴルフを通して、福岡市からわずか20分でチャレンジを待ち受ける6ホール、ヒーリングタウン、久山の自然を望む絶好のロケーションです。

住所糟屋郡久山町大字山田1225-2

TEL092-691-7082

福岡久山相撲場
福岡久山相撲場

平成18年3月に完成した県内有数の本格的な相撲場。スタンド席は約1000人を収容可能、土俵はスライド式のステージカバーをかぶせると多目的ステージとなり、相撲以外のイベントも行われる。

住所糟屋郡久山町大字久原3637

TEL092-976-4455

久原本家
久原本家

総合調味料メーカーとして知られる「久原本家」は久山が拠点。醤油・タレ・ドレッシングなどの加工調味料、辛子明太子等の製造販売を行い、キャベツのうまたれや椒房庵のからしめんたいこ等代表商品の他、自然食レストラン「茅乃舎」では食材にこだわり、食べ物の旬を大切にし、食の本来の姿や自然の恵みを知ることができる。

住所糟屋郡久山町大字久原2527

TEL092-976-2000

テンポコナシ(ケケンポナシ) 
テンポコナシ(ケケンポナシ) 

「ケケンポナシ(毛玄圃梨)」が正式名称。クロウメモドキ科ケンポナシ属のナシの原種で、大きく丸い葉をもつ落葉樹。秋に紫褐色に熟する果実は直径約8mmの球形で、表面には毛が密集し、果軸は膨らみ肉質となって食べられる。近年、数が減少しているため貴重な存在だ。[上久原地区]

住所糟屋郡久山町上久原地区

TEL092-976-1111

久山方式の健康管理
久山方式の健康管理

久山町では、九州大学医学部と共同で50年以上に渡り久山方式の生活習慣病健診が行われ、住民の健康管理を実施している。健康管理の拠点施設「ヘルスC&Cセンター」では、フィットネスルームで汗を流しながら健康づくりに勤しめる。また併設される九州大学久山研究室での健康相談も可能。

住所糟屋郡久山町大字久原1822-1

TEL092-976-3377

糟屋郡中三十三観音霊場
糟屋郡中三十三観音霊場

かすやの霊場といえば篠栗新四国霊場「八十八ヶ所」が有名だが、糟屋郡と東区の広域(旧糟屋郡)に渡っても三十三の霊場が存在する。また、いくつかの札所には、御詠歌(仏様を讃える歌)の額が今も奉納されており、当時の様子を思い偲ぶことができる。

神功皇后の伝説
神功皇后の伝説

神功皇后が新羅出兵の際に、国の平安と戦勝を祈願するため造営したとされる「斎宮」や応神天皇を出産された地に創建されたと言われている「宇美八幡宮」を始め、かすやには神功皇后にまつわる伝記や由緒ある場所・地名が数多く残されている(宇美・志免の町名/ショウケ越/宇美八幡宮/綾杉旅石八幡宮など)。

住所かすや全域

かすやのクスノキ
かすやのクスノキ

かすやには国・県指定天然記念物である宇美八幡宮のクスノキ(湯蓋の森衣掛の森)や、久山町と新宮町にまたがる立花山山腹一帯に自生する立花山クスノキ原始林(国指定特別天然記念物)をはじめ、志賀神社戸原天満宮伊賀薬師堂(いずれも粕屋町)、老松神社(篠栗町)などに樹齢数百年の大楠がいくつもの枝を広げている。

住所かすや全域

かすやのコスモス
かすやのコスモス

毎年10月半ばの2日間、志免町で「コスモスまつり」が開かれる。その名の通り、色とりどりのコスモスが咲く会場は商工会の出店で賑わいを見せる。また、コスモスをハサミで切って持ち帰られるのが嬉しいところ。

住所志免町片峰3-7-1(望山荘下グランド)

かすやの桜
かすやの桜

春になると、桜を町花に定める志免町を始め、宇美町篠栗町、須恵町、久山町粕屋町のかすや各地の桜並木が満開を迎える。宇美川遊歩道の500mに及ぶ桜並木ほか、ライトアップされる夜桜も美しい。

かすやのJR駅
かすやのJR駅

かすやは南北にJR香椎線、東西にJR篠栗線が走り、長者原駅(粕屋町)で十字に立体交差している。篠栗線は無人駅の筑前山手駅(篠栗町)や、赤レンガ造りのガードに、赤レンガのトンネルなど、香椎線では約100年の歴史を持つ谷川橋梁(粕屋町)など、それぞれに味わいのある風景を楽しめる。

住所長者原駅(粕屋町)筑前山手駅(篠栗町)谷川橋梁(粕屋町)

かすやの農産物直売所
かすやの農産物直売所

JA粕屋の農産物直売所「なのみの里」(粕屋町)では、近隣農家の朝採り野菜を直売ならではの低価格で販売。「ふれあいの里」(志免町)や「久山元気市」などもあり、どこも新鮮な農産物を求める客で賑わっている。

かすやの農業体験農園
かすやの農業体験農園

農家の講習を月2回程度受けて、年間で20種類前後の野菜を栽培する。農地・農具・種苗・肥料など必要な物はすべて農園主が準備。現在、かすやには酒殿体験農園(粕屋町)、久山ファーム体験農園(久山町)、マル姫ファーム体験農園(宇美町)、須恵スイッチファームの4つの体験農園がある。

住所酒殿体験農園(粕屋町)久山ファーム体験農園(久山町)マル姫ファーム体験農園(宇美町)須恵スイッチファーム

かすやのラーメン
かすやのラーメン

志免町を縦断する県道68号線沿いは、約6kmの間に20軒を超える美味しいラーメン店がひしめく激戦区。この他にもかすやにはたくさんのラーメン屋があり、「三洋軒」のラーメンを始め、博多ラーメンではなく、久留米ラーメンとも違う、それぞれにこだわりのある絶品ラーメンを提供している。

住所かすや全域

三町バーガー
三町バーガー

篠栗・粕屋・久山の特産品を使用して作ったご当地バーガー。米粉のパンズに糟屋郡産の筍や椎茸、ブロッコリーなど、ハンバーガーには珍しい食材を挟んで特色を出している。またパテに塗るソースを各町で変えているので、3種の味を楽しめる。

住所篠栗町・粕屋町・久山町

TEL092-947-4141

だぶ(料理)
だぶ(料理)

里芋やレンコンなどの根菜類を小さく刻み、醤油味のスープで鶏肉と煮て、片栗粉を混ぜてとろみをつけた郷土料理。地域によっては「らぶ」と呼ばれることもある。

住所かすや全域

夷守駅家伝承地
夷守駅家伝承地

乙仲原西区の日守八幡宮には、奈良時代「夷守駅」が置かれていたと推定されており、当時、太宰府に赴任していた大伴百代が詠んだ歌碑が建てられている。これは長官だった大伴旅人の見舞いに訪れ、都へ帰る弟と甥への惜別を詠ったもの。

住所糟屋郡粕屋町大字仲原2895

TEL092-939-2984

熊野神社の藤
熊野神社の藤

「熊野神社」の鳥居をくぐった参道右側に、樹齢200年程とされる藤棚がある。根回り6.1m、面積は約186m2の町指定文化財。4月下旬から5月上旬にかけて、シーズンともなれば、紫色の花穂が優雅に垂れ下がる。

住所糟屋郡粕屋町大字内橋759

TEL092-939-2984

伊賀薬師堂
伊賀薬師堂

「伊賀薬師堂」境内にある「奉書写大乗妙典一石一字経供養塔」は江戸時代の享保の飢きんによる犠牲者を弔う供養塔、「阿弥陀三尊梵字板碑」は梵字で三尊の名前が刻まれている。「大般若波羅蜜多経六百巻」は全巻が揃った貴重な文化財。

住所糟屋郡粕屋町大字戸原83

TEL092-939-2984

平塚古墳
平塚古墳

直径17〜18mの土盛りされた墳丘に、約2.5mの蓋石を用いた巨大な箱式石棺が埋められていた。棺の中からは中国製内行花文鏡片や管玉17個が発見された。この管玉の特徴から弥生時代末期のものと推定されている。県指定文化財になっている。

住所糟屋郡粕屋町大字上大隈644-7

TEL092-939-2984

丸山
丸山

大隈地区にある丸い小山で、遊歩道や山頂が整備されている。かつては高鳥居城の出城である丸山城が築かれ、現在も堀跡が残っている。また、黒殿というお姫様の伝説が残る黒殿神社があり、現在でも少年の成長を守る行事が伝えられている。

住所糟屋郡粕屋町大字大隈

TEL092-939-2984

木造虚空蔵菩薩坐像
木造虚空蔵菩薩坐像

大隈区にある真覚寺が所有する、カヤの木から彫り出された一木造りの菩薩像。高さは55cm程あり、体部の奥ゆきも深く、背を反らし胸をはる姿は堂々としており、平安時代前期の作品と推定されている。なお、常時見学は不可。

住所粕屋町大字大隈1274

TEL092-939-2984

戸原村の大庄屋「長卯平(ちょう うへい)」
戸原村の大庄屋「長卯平(ちょう うへい)」

江戸時代、飢饉にあえぐ民衆を救うため、7年の歳月と私財を費やし、若杉山から新大間池への導水事業を行った「長卯平」。彼の肖像画や事業の概要を記した掛軸は町指定有形文化財となっている。

住所糟屋郡粕屋町若宮1-1-1

TEL092-939-2984

YOSAKOIかすや祭り
YOSAKOIかすや祭り

町民自らが参加・企画・運営する高知発祥の祭りで、各チームが自由に選曲や振り付けをして鳴子を手に踊りを舞う。色鮮やかな衣装をまとい、表情豊かに踊る姿は観ているだけでも楽しいが、踊ればもっと楽しめるという参加型のお祭りだ。

住所糟屋郡粕屋町駕与丁3-2-1

TEL092-938-2311(代)

江辻地区の菜の花畑
江辻地区の菜の花畑

粕屋町の江辻地区には、季節ごとに休耕田を利用した花畑が現れる。地域の住人がボランティアで育てて、美しい景観を作り出しているもの。春になると黄色い菜の花が、また秋にはピンク色のコスモスが、あたり一面に広がるり人々の目を楽しませてくれる。

住所粕屋町大字江辻

TEL092-938-0173

かすや・まちの駅
かすや・まちの駅

粕屋町の商工業者と行政施設と高校が、「かすや・まちの駅」として、既存店舗施設を活用しながら、子どもからお年寄りまで優しいコミュニティ活動を実施。地域の魅力、こだわり情報、道路情報などの提供を通じ、人と人との出会いと交流を図っている。

住所粕屋町全域

TEL092-938-2456

駕与丁公園
駕与丁公園

駕与丁池を中心とした桜並木やバラ園を始めなど四季折々に自然の豊かな営み自然を感じられる公園。平成5年度には建設省(現国土交通省)の手づくり郷土賞「自然とふれあう水辺づくり30選」にも選出された。遊歩道は1周4.2195km。

住所糟屋郡粕屋町駕与丁3-2-1

TEL092-938-0198

大久醤油
大久醤油

明治30年創業。大正天皇にも献上した醸造元で、今なお昔ながらの博多の味を守り続けている。「寿撰」は香り高くうまみ旨味のあるかけ醤油(お漬物等)としてに、「藤印」は塩分控えめで煮たき用にオススメ。

住所糟屋郡粕屋町大字長者原231

TEL092-938-2010

柿酢
柿酢

昭和56年に九州酢造がはじめて商品化した柿のお酢。古来樽仕込製法による長期熟成で醸造されるお酢は、美味しいばかりか健康や美容にも良いと評判。TVなどで紹介される機会も多い。

住所糟屋郡粕屋町若宮1-10-30

TEL092-938-3678

かすやのブロッコリー
かすやのブロッコリー

かすやの特産品のひとつが「ブロッコリー」。昭和35年頃から始まる県内でも古い歴史を持ち、現在の作付面積は26ヘクタールにも及ぶ。また地産地消の取り組みとして、地元の小・中学校や保育所にも供給している。

住所糟屋郡粕屋町大字大隈1229

TEL092-938-2511

官兵衛うどん
官兵衛うどん

昭和52年の創業。アメリカからやってきたロブさんが窓際で麺を打つ姿は、珍しくも地元ではごくごく普通の馴染んだ風景。麺に竹炭パウダーを練り込んだ、真っ黒なブラックうどんも名物だ。

住所糟屋郡粕屋町大字長者原286-4

TEL092-938-4051

本格焼酎「博多小女郎」
本格焼酎「博多小女郎」

「博多小女郎」は、光酒造の職人が頑固なまでに昔ながらの手造りを生かして産み出す本格焼酎。今も磨き続けられるそのほんもん(本物)”の味は、県外への贈答にも喜ばれている。

住所糟屋郡粕屋町大字長者原95-3

TEL092-938-2458

原町旧道
原町旧道

並走する国道201号線が、現在の県道607号線(旧国道)となった今でも、「旧道」の呼び名で親しまれている。多くの人が利用する生活道路でありながら、坂の下地蔵の伝説も残る歴史深いスポット。西端に位置する原町農場は、2023年までに移転の予定。

TEL092-939-2984

糟屋郡中三十三観音霊場
糟屋郡中三十三観音霊場

かすやの霊場といえば篠栗新四国霊場「八十八ヶ所」が有名だが、糟屋郡と東区の広域(旧糟屋郡)に渡っても三十三の霊場が存在する。また、いくつかの札所には、御詠歌(仏様を讃える歌)の額が今も奉納されており、当時の様子を思い偲ぶことができる。

神功皇后の伝説
神功皇后の伝説

神功皇后が新羅出兵の際に、国の平安と戦勝を祈願するため造営したとされる「斎宮」や応神天皇を出産された地に創建されたと言われている「宇美八幡宮」を始め、かすやには神功皇后にまつわる伝記や由緒ある場所・地名が数多く残されている(宇美・志免の町名/ショウケ越/宇美八幡宮/綾杉旅石八幡宮など)。

住所かすや全域

かすやのクスノキ
かすやのクスノキ

かすやには国・県指定天然記念物である宇美八幡宮のクスノキ(湯蓋の森衣掛の森)や、久山町と新宮町にまたがる立花山山腹一帯に自生する立花山クスノキ原始林(国指定特別天然記念物)をはじめ、志賀神社戸原天満宮伊賀薬師堂(いずれも粕屋町)、老松神社(篠栗町)などに樹齢数百年の大楠がいくつもの枝を広げている。

住所かすや全域

かすやのコスモス
かすやのコスモス

毎年10月半ばの2日間、志免町で「コスモスまつり」が開かれる。その名の通り、色とりどりのコスモスが咲く会場は商工会の出店で賑わいを見せる。また、コスモスをハサミで切って持ち帰られるのが嬉しいところ。

住所志免町片峰3-7-1(望山荘下グランド)

かすやの桜
かすやの桜

春になると、桜を町花に定める志免町を始め、宇美町篠栗町、須恵町、久山町粕屋町のかすや各地の桜並木が満開を迎える。宇美川遊歩道の500mに及ぶ桜並木ほか、ライトアップされる夜桜も美しい。

旧勝田線跡の緑道
旧勝田線跡の緑道

昭和60年まで博多区吉塚から宇美までを結んでいた国鉄勝田線。廃線後、志免・宇美町の区間は大半が緑道として整備され、春ともなれば桜のアーチに囲まれる。志免駅は「志免鉄道記念公園」として整備されて、当時のプラットホームや線路の一部が残されている。

住所志免町

TEL志免町役場:092-935-1001

かすやのJR駅
かすやのJR駅

かすやは南北にJR香椎線、東西にJR篠栗線が走り、長者原駅(粕屋町)で十字に立体交差している。篠栗線は無人駅の筑前山手駅(篠栗町)や、赤レンガ造りのガードに、赤レンガのトンネルなど、香椎線では約100年の歴史を持つ谷川橋梁(粕屋町)など、それぞれに味わいのある風景を楽しめる。

住所長者原駅(粕屋町)筑前山手駅(篠栗町)谷川橋梁(粕屋町)

かすやの農産物直売所
かすやの農産物直売所

JA粕屋の農産物直売所「なのみの里」(粕屋町)では、近隣農家の朝採り野菜を直売ならではの低価格で販売。「ふれあいの里」(志免町)や「久山元気市」などもあり、どこも新鮮な農産物を求める客で賑わっている。

かすやの農業体験農園
かすやの農業体験農園

農家の講習を月2回程度受けて、年間で20種類前後の野菜を栽培する。農地・農具・種苗・肥料など必要な物はすべて農園主が準備。現在、かすやには酒殿体験農園(粕屋町)、久山ファーム体験農園(久山町)、マル姫ファーム体験農園(宇美町)、須恵スイッチファームの4つの体験農園がある。

住所酒殿体験農園(粕屋町)久山ファーム体験農園(久山町)マル姫ファーム体験農園(宇美町)須恵スイッチファーム

かすやのラーメン
かすやのラーメン

志免町を縦断する県道68号線沿いは、約6kmの間に20軒を超える美味しいラーメン店がひしめく激戦区。この他にもかすやにはたくさんのラーメン屋があり、「三洋軒」のラーメンを始め、博多ラーメンではなく、久留米ラーメンとも違う、それぞれにこだわりのある絶品ラーメンを提供している。

住所かすや全域

三町バーガー
三町バーガー

篠栗・粕屋・久山の特産品を使用して作ったご当地バーガー。米粉のパンズに糟屋郡産の筍や椎茸、ブロッコリーなど、ハンバーガーには珍しい食材を挟んで特色を出している。またパテに塗るソースを各町で変えているので、3種の味を楽しめる。

住所篠栗町・粕屋町・久山町

TEL092-947-4141

だぶ(料理)
だぶ(料理)

里芋やレンコンなどの根菜類を小さく刻み、醤油味のスープで鶏肉と煮て、片栗粉を混ぜてとろみをつけた郷土料理。地域によっては「らぶ」と呼ばれることもある。

住所かすや全域