検索結果

※スポット名をクリックすると地図をご覧いただけます。

高鳥居城跡(須恵町)

高鳥居城跡

岳城山頂の中世の山城跡。河津伝記には、1293年に河津筑後守貞重が築城したと書かれている。室町時代には大内氏の支配下となり、守護所(現県庁)が設置された。最後は島津氏の支配時に落城し、約300年続いた高鳥居城の幕を閉じた。

  • [かすやの交流]
  • [歴史]
  • [須恵町]

須恵町立歴史民俗資料館(須恵町)

須恵町立歴史民俗資料館

昭和49年、九州で最初の歴史民俗資料館として建設された。須恵の目薬や須恵焼、炭鉱資料を展示している。1万点を超す民具を収蔵し、懐かしい昔の暮らしが詰まっている。

  • [かすやの交流]
  • [文化交流施設]
  • [歴史]
  • [須恵町]

十一面観音立像(建正寺)(須恵町)

十一面観音立像(建正寺)

平安時代後期に作られた建正寺の本尊である。昭和29年、県指定有形文化財・彫刻文化財第1号に指定された。毎年4月の第一日曜日の御開扉には各地からたくさんの参拝者が訪れ、境内のしだれ桜と共に寺を華やかに彩る。

  • [かすやの交流]
  • [イベント]
  • [歴史]
  • [須恵町]

建正寺(須恵町)

建正寺

若杉山のふもとに広がる観音堂の森に包まれた、伝教大師が開いたという伝説の残る神仏混交の寺院。平安時代には天台宗の開祖・伝教大師が、宗像の大樹で造った三体の内一体を佐谷神社のある須恵の佐谷に祀ったのが始まりとされている。

  • [かすやの交流]
  • [歴史]
  • [須恵町]

天満宮(須恵町)

  • [かすやの交流]
  • [歴史]
  • [須恵町]

若八幡宮(須恵町)

  • [かすやの交流]
  • [歴史]
  • [須恵町]

守母神社(須恵町)

  • [かすやの交流]
  • [歴史]
  • [須恵町]

眼療宿場跡(須恵町)

  • [かすやの交流]
  • [歴史]
  • [須恵町]

山王宮(須恵町)

  • [かすやの交流]
  • [歴史]
  • [須恵町]

山の神大山祇神社(須恵町)

  • [かすやの交流]
  • [歴史]
  • [須恵町]

新原神社(須恵町)

  • [かすやの交流]
  • [歴史]
  • [須恵町]

伝教大師座像(須恵町)

  • [かすやの交流]
  • [歴史]
  • [須恵町]

姿見の井戸(須恵町)

  • [かすやの交流]
  • [歴史]
  • [須恵町]

伝教大師堂佐谷神社(須恵町)

  • [かすやの交流]
  • [歴史]
  • [須恵町]
 |